ITO Sports Project:イトースポーツプロジェクト
お問い合わせ  
概要
インタビュー
プロジェクト実績
リンク  
TOP




 
  
パラフットボール日本代表デンマーク合宿
パラフットボール日本代表デンマーク合宿
  日本脳性麻痺サッカー協会からの依頼を受け、ITOの学術部より理学療法士をメディカルサポートスタッフとして派遣しました。2017年の世界選手権への切符を手にした日本代表の身体のコンディショニングやケアに貢献させて頂きました。  
    7月27日から8月6日までデンマーク南部のヴァイエンにて開催されたIFCPF世界大会へ伊藤超短波学術部所属の理学療法士をメディカルサポートスタッフとして派遣させて頂きました。

日本代表はグループリーグを2位で突破し、ベスト8でポルトガルに3−2と接戦の末、惜しくも敗退しましたが、世界選手権への切符を手にしました。 連日の白熱した戦いからの怪我や疲労等に対して選手への治療とコンディショニング調整を通じてサポートをさせて頂きました。身体的に一回り大きな諸外国選手との激しい攻防の結果、大会中は腿かん、捻挫、突き指、打撲等を呈する選手が多発しました。

様々なアクシデントに即時的なアイシングと電流刺激を中心とした物理療法機器による介入が選手等の回復・ケアに使用されました。連日連戦による怪我人の続出と疲労蓄積に際した身体的ケアの需要が日を追うごとに増え、施術室での大型コンビネーション機器での治療に合わせて小型治療器を用いた夜間帯ケアのニーズも高く、対応にあたりました。
 
     
   
     
    初戦に主力選手の負傷と数人足をつる選手がいましたが、翌試合から最終戦まで全選手が何とかプレーできる状態を維持でき、当社の機器が疼痛管理、急性炎症等に対して陰ながら選手のサポートを行えたことと思います。
伊藤超短波は今後もあらゆるジャンルのスポーツを応援します!
 
 
前のページに戻る 前のページに戻る
このページのTOPに戻る このページのTOPに戻る
 
   
Copyright © Ito Co,. Ltd. All right reserved.