ITO Sports Project:イトースポーツプロジェクト
お問い合わせ  
概要
インタビュー
プロジェクト実績
リンク  
TOP




 
#
#
  #  
 
第94回日本陸上競技選手権大会は香川県立丸亀競技場にて、2010年6月4日〜6月6日の3日間行われ、アジア競技大会代表権(2010/広州)への出場をかけ、全国から集まった一流のアスリートたちが熱いたたかいを繰り広げる中、私たち伊藤超短波も選手たちのコンディションサポートを行ってまいりました。
 
  #  
  # 日本陸上競技連盟医事委員会トレーナー部が設置した「トレーナーステーション」で、コンビネーション刺激装置、 2周波超音波治療器、超短波治療器、携帯型電気刺激装置などの物理療法機器を通じて、選手のコンディショニング(ケガの予防、ケガの回復など)のサポートをさせていただきました。  
  #  
  大会中に発生した肉離れや打撲などのアクシデントの処置の一環として、また慢性的な痛みや筋肉疲労の軽減の1つの方法として、物理療法は選手のコンディショニングに使用されました。 大会は大変な盛り上がりを見せ、当社の機器が陰ながら選手のサポートを行えたことと思います。
ITOの治療器は世界を目指すアスリートの大きな力となっています。
ITOスポーツプロジェクトは今後も世界を目指すアスリートを応援します!
 
 
前のページに戻る 前のページに戻る
このページのTOPに戻る このページのTOPに戻る
 
   
Copyright c 2003-2007 Ito Co,. Ltd. All right reserved.