ITO Sports Project:イトースポーツプロジェクト
お問い合わせ  
概要
インタビュー
プロジェクト実績
リンク  
TOP




 
   
 
2000年シドニー大会より全日本柔道連盟をサポートしている当社は今大会も全日本柔道連盟より物療サポートの依頼を受け、当社理学療法士を含むスタッフ5人を派遣。大会前の9日より現地に入りドクター指示の下サポート活動を行った。

各選手、疾患に合わせエネルギーをチョイス。選手も積極的に超音波療法、Hi−Voltage、MCRなどの物理療法を取り入れ、余念のないケアを行いました。
 
   
  パートナーシップを結んでいる(財)全日本柔道連盟よりコンディショニングサポートの要請を受け用意した機材は、2周波超音波治療器、総合電気刺激装置、コンビネーション刺激装置、携帯型電気刺激装置などでした。
 
   
  大会会場内にはドクタールームと理学療法室が設置されており、当社はそこを間借りし日本チームを施術していましたが、それを見た現地の医療スタッフが、自ら当社器機の効果を実際に体感したところ、絶賛を受けました。その日からドクタールームにも当社機器を設置することになり、試合の合間には各国のスタッフや審判の方も治療を受けに来るほどの好評な事態となりました。

試合結果はメダル総数で世界でトップを取ることが出来、当社の器機が陰ながら選手のサポートを行えたことと思います。

これからもITOは日本柔道をサポートしていきます!
 
 
前のページに戻る 前のページに戻る
このページのTOPに戻る このページのTOPに戻る
 
   
Copyright c 2003-2007 Ito Co,. Ltd. All right reserved.